猫背で日常生活で配慮すべきことは?

bnr_main_2

皆さんに是非心がけてほしいのが、鏡を観る習慣をつけることです。

問題などは、重症の猫背の人の場合、感覚的に姿勢がよくなったと感じても、実はその感覚が正しいのかわからないことです。

猫背が悪化してくると、猫背の人にとっての楽な姿勢というのは「形状記憶」されている悪い姿勢です。

つまり、その形状記憶が完全に書き換えられていないうちは、感覚的に心地よいと感じられる姿勢は、今だ悪い姿勢である可能性が高いのです。

その為、毎日定期的に鏡を見て、姿勢が良くなっているかどうかチェックすることをお勧めします。

私自身鏡の前に横向きに立って自分の姿勢を確認することを習慣にしています。

骨盤前傾の人は、お尻がちゃんと引っ込んでいるかどうか、骨盤後傾の人は、少しお尻を突き出した状態になっているかどうかも確認しましょう。

また、背中が全体として丸くなっていないか、肩が前に出ていないか、顔が前に出ていないかなどの上半身のチェックも忘れずに

小林 篤史著「猫背は10秒で治せるより』